ウェルビーイングとは?人生100年時代だからこそ取り入れたい概念

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181206220114j:plain

ウェルビーイング」という言葉を聞いたことはありますか?

1946年に、世界保健機関(WHO)憲章草案で使われたことを皮切りに、近年注目が集まっている概念です。

人生100年時代が到来し、これまでにはない長い時間を生きる人類が増加しているからこそ、注目を集めています。

 

 

ウェルビーイングとは?

 ウェルビーイングとは「身体的、精神的、社会的に良好な状態(well‐being)」を指します。

近年では「健康的で幸せな状態や生き方」と表す言葉として使われるようになりました。

 

健康で幸せな生活は、多かれ少なかれ誰もが目指している境地ですが、一方で漠然としていてとらえどころがないですよね。

ウェルビーイングが注目を集めた背景には、テクノロジーの向上や生活環境の改善によって、人生の中で余暇が増えたことも影響していると言えるでしょう。

戦前まで、人々は日々家事に追われていましたが、現代では便利な家電で時間短縮を行うことができます。

また、医学が発達したことにより、一昔前よりもはるかに長い時間生きられるようになってきました。

自由に使える時間が増えた分、改めて健康で幸せな生活を送るにはどうしたらよいか考える人が増え、ウェルビーイングについて真剣に向き合う人が増加している傾向があります。

人生100年時代が到来した現代は、ウェルビーイングに取り組む絶好の機会です。

 

ウェルビーイング経営とは?

 

ウェルビーイングの概念を経営に反映した取り組みが「ウェルビーイング経営」です。

働くことそのものが従業員の健康や幸福につながる経営を目指しています。

 

ウェルビーイングに熱心なオーストラリアの企業では、植物や自然光をたっぷりオフィスに取りいれるなど、様々な取り組みが実践されているのです。

 

しかし、幸福の概念は曖昧です。

そのためウェルビーイング経営においては、何らかの指標を参考にしています。

オフィス用品を扱うコクヨでは、自社の研究機関誌の中で、オフィスに「ウェルビーイング」を取り込むポイントとして、「ワン・カンパニー:組織文化の浸透」、「マインドフル:意識の調整」、「セレクタブル:選択肢の提供」、「コンビニエンス:手軽なアクセス」、「ナッジ:そっと背中を押す手」、「ナチュラル:職場らしさの排除」の六つ

引用:

「ウェルビーイング」とは? | 日本の人事部 健康経営 (健康経営が分かる、実践のヒントが得られる)

 ウェルビーイングは、世界的に注目を集めていますが、意識的に実践している企業はまだまだ少ないです。

 

AIなどが人間の代わりに労働を担いつつも長期間働くことになる人生100年時代だからこそ、ウェルビーイングを経営に取り入れることの重要性が増すことが予測されます。

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日