副業解禁やマルチプル・ワーカーについて思うこと

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181018205715j:plain

 

人生100年時代という考え方が一般的になった昨今。

「学校を卒業したら会社に就職して定年まで勤め上げ、定年後は悠々自適の引退生活を送る」という生き方は、非現実的な様相を呈してきました。

 

どんな大企業に就職しても、いつ会社が倒産するかわからない・・・・・・

多様性という名の下、様々な生き方が溢れ生き方モデルが見つからない・・・・・・

学校卒業までに身に着けた1つのスキルを死ぬまで伸ばして生き延びるのは無理がある・・・・・・

 

指標となるものがない分、人類史上稀に見る大混乱時代の到来です。

ただし、これまでの画一的な指標が崩壊したからこそ、チャンスと捉える考え方もあります。

その一つとして、かつてないほど自由な働き方をそれぞれが選べる時代がきたことが挙げられるのではないでしょうか。

 

副業解禁やマルチプル・ワーカーについて思うこと

「1つの仕事、1つの技」だけで一生を生き抜いていくことは、もはや難しいです。

だからこそ、一人ひとりが各自の道を模索する必要があります。

なんでもありとなった今だからこそ、個人の特性を活かしていく。

 

ただ、"やりたいこと""自分探し"をしているだけだと、どんどん時代遅れになっていきます。

混迷しスピード感の早い現代だからこそ、大事なのは「行動力」

 

気になることがあれば小さく今できることを始めてみればいい。

 

1つのことをやってみる→仕事として通用するレベルにする→再び新しいことを始める→新しいことも仕事として通用するレベルにする・・・

この繰り返しだと思います。

 

人によっては

仕事→遊び→遊びの中から仕事の種を見つける→新しい仕事開拓→遊び・・・

という人もいるでしょう。

 

副業もマルチプル・ワーカーも、特別なことではなく、むしろ今の時代に合った働き方です。

これが十数年後にはまた状況が違ってくる可能性が大いにあります。

だからこそ、今すぐ、副業やマルチプル・ワーカーを始めることが肝心です。

 

副業とマルチプル・ワーカーの違い

副業は本業があってあくまでその派生としてある仕事。本業と副業の間に主従関係があります。

マルチプル・ワーカーは、副業ではなく複業をする人。本業との主従関係はなく、相乗効果でより自由な生き方を掴めるものが複業です。

 

これからの時代を生き抜くなら、副業よりも複業を行うことを目指すことをおすすめします。

複業の根底にあるものが「自分のやりたいこと」

ただし、「やりたいこと」にこだわりすぎる必要はありません。ちょっと興味があることからスタートして行動し続けるうちに「やりたいこと」が明確化する場合もあります。

 

より豊かで自由な生き方をしたいなら、今から複業をスタートさせましょう。

Webライターは始めやすいと思いますよ。 

 

 

 

 

 

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日