複業Webライターとしてスタートする簡単な方法

スポンサーリンク

 

f:id:uajag4y:20181128162420j:plain

 

複業Webライターは、始めやすい職業です。でも「どうやって始めればいいかわからない…」と悩む人は少なくありません。そこで今回は、現役でライター案件を受注する私が、複業Webライターとしてスタートする簡単な方法をご紹介します。

 

複業Webライターは稼げない?

 

働き方改革の影響で、副業を解禁する企業が増えてきました。しかし、「副業なんてたいして稼げないでしょ」「会社員やりながらとか時間的に無理」「副業ではなく専業の仕事に集中した方が良い」などの意見もあります。

 

複業ライターなんてできないかな……と弱気になっている方がいるとしたら、それは間違いです。ライターは大げさに言うと誰でも始められる職業です。また、隙間時間にできることから、複業(副業)でもしっかりと稼ぐことができます。

 

本業に専念することは素晴らしいことですが、今の時代どんな大企業でも潰れるリスクはあります。私も会社員だった経験があります。でもいざという時に会社は助けてはくれません。月1万円でもよいので、自力で稼ぐ力を身につけておくと、不透明な時代でも生きやすくなります。

Webライターは、誰でも始めやすく、安定的に稼ぎやすい上に、稼ぎながらスキルと高めていくことができます。自分のペースでできるので複業という形もおすすめです。始め方と稼ぎ方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



複業Webライターの始め方3ステップ



3つのステップで簡単に複業Webライターとしてのキャリアをスタートできます。

 

  1. 基礎を身に着ける
  2. 仕事を請ける
  3. 営業術や単価アップ交渉術を身に着ける

 

 

①:基礎を身に着ける

基礎は、本を2冊程度読んでおけば十分です。

 

特におすすめの本が2冊あります。

 

1:沈黙のWebライティング

 

この1冊を読んでおけば間違いない!と断言できる1冊です。

本業が忙しくて時間が作れないという方は、とりあえずこの1冊だけは読んでおきましょう。雑誌や本とは違う、Webの書き方の基礎が身につきます。

 

この本は内容が濃いので、全部を理解してからライターの仕事を始めてみようとすると時間がかかります。まずは基礎の部分だけ押さえて、仕事を請け負いつつなんども立ち返る使い方がおすすめです。

 

 

 

2:

 



この本はどちらかというと専業ライター向けに書かれています。

まずは全部ではなく、プロフィールの書き方や仕事の進め方といった基礎部分を学べばOKです。複業で稼げるようになって専業ライターを視野に入れた時にも心強い一冊と言えます。

 

 

真面目な人ほど「きちんと学ぶ」ことを重視しがちですが、学んでばかりで知識が増えても実践してみないことには役立ちません。上記の2冊で基礎部分だけを抑えたら、実際に仕事を請け負うことが大事です。

ライティングは稼ぎながら能力を高めることができます。



②:仕事を請ける

 

例え100円の仕事であっても自分のライティングでお金を稼ぐことは怖いですよね。

でも、大丈夫。

最初は誰でも1円を稼ぐことからスタートします

 

大事なのは行動することです。一歩踏み出したら、複業Webライターとしてのキャリアがひらけますよ。その方法を見ていきましょう。

クラウドソーシングを活用して仕事を探す

 

Webライターの仕事を探す上で便利なのがクラウドサービスです。

近年は数が増えてきましたが、特におすすめなのは次の3つです。

  • ランサーズ:業界最大手。案件数が多いので仕事が見つかりやすい。
  • クラウドワークス:ランサーズと双璧をなす大手。少々案件が探しやすい点がデメリット。
  • ココナラ :ネット上に自分のお店をオープンする感覚で始められる穴場。

 

 

上記3つのいずれか、できれば全てに登録しておくことがおすすめです。登録は簡単にできます。とりあえず、気になった1社のサービスの利用から始めてみると良いでしょう。

 

損をしない3つのコツ

 

  • 提案する案件は1文字1円以上
  • 得意分野で攻める
  • 自分のスタイルに合わせて活用場所を決める

 

コツ1:提案する案件は1文字1円以上

 

ランサーズやクラウドワークスをみると、ライター案件はたくさんあります。ただし、中には二束三文でライターを食い物にする残念な案件も多いので注意しましょう。ランサーズやクラウドワークスを使うなら提案する案件は1文字1円以上のものを選びましょう。「初心者歓迎」などの文章がある案件は、文字単価が安すぎるものが多いのでおすすめとは言えません。

 

実績がゼロで不安なら、一時的に文字単価が1円より安い案件に応募してみても良いでしょう。ただ、1文字1円以下はコスパが悪いので、提案が通るようになったタイミングで切ることが大切です。単発の仕事なら断りやすいので、文字単価が安い案件に応募するなら単発の仕事を狙った方が良いでしょう。

 

コツ2:得意分野で攻める

 

ライティングが得意な人であっても、最初の頃は作成に時間がかかります。はじめに請け負う案件は得意分野に関連する案件であると書きやすいです。例えば筋トレが趣味なら筋トレ関連のライティング、読書が好きなら読書関連のライティングなど、探してみると得意なことに関連するライティングはあります。ぜひ得意分野のライティングから始めてみましょう。

 

複業ライターの場合、本業と関わりのある案件ですと書きやすいですよ。私の周りでも看護師をしている人が医療関係のライティングを受けていた例があります。他の案件と比べてサクッと書けると話していました。本業に支障がでない範囲で、本業と関わりのある分野を攻める方法を有効です。

 

コツ3:自分のスタイルに合わせて活用場所を決める

 

はじめのうちはスタイルを限定しない方が良いですが、得意不得意はあります。例えば私はランサーズやクラウドワークスを使ってガンガン提案することは実は苦手です。それでも、最初ココナラ に活動場所を絞ったことで結果的にライティングで生計が立てられるまでに軌道にのせることができました。

 

営業をガンガンかけることに抵抗がないならランサーズやクラウドワークス。

自分のペースでじっくり進めたいならココナラ 。

 

自分の得意なスタイルに合わせて活用場所を絞って活動する方が、早く軌道にのりやすいですよ。

 

③営業術や単価アップ交渉術を身に着ける


営業術を身につけていくと自分が楽になります。最速で稼げるステップアップ方としては、記名記事を狙うことがおすすめです。記名記事はいわばライターの名刺になります。単価が安くても記名記事を請け負って、1記事でも掲載されたらその記事を実績として売り込みをしていくと売り上げを伸ばしやすいです。

 

また、当たり前のことを当たり前にすることも重要と言えます。返信はなるべく早く、納期を守る、丁寧に対応するなど、仕事を請け負う上で大切なことは当たり前に実行するようにしましょう。意外と当たり前のことをできていない人は多いので、それだけで信用を勝ち取れる可能性が高まります。もし納期などをずらさないといけない時は早めに連絡を入れることが効果的です。

 

経験が積み重なってきたら単価交渉をしましょう。単価交渉は、避けては通れない道です。

売り上げを伸ばし、かつ良質なコンテンツを安定的にクラインとに届けるためにも、経験が積み重なってきた段階で単価交渉にチャレンジしていきましょう。

 

良心的なクライアントの場合自然と単価アップの話をいただける場合もありますが、自分で行うことが大切です。継続的に仕事を続けていれば自然と経験と実績が積み上がっています。対応は丁寧に、交渉は強気に単価アップの交渉をしていきましょう。

 

単価交渉のコツは、極論を言えばないです。Webライティングの相場は、はっきりと固定化されているわけではありません。同じ案件で人によって単価が違う場合もあります。単価交渉はやるかやらないかです。クライアントを常時3件(専業なら6件)くらい抱えておけば、単価交渉が失敗して案件がなくなっても余裕を持って対処できます。30件くらい納品したなら、次のステップとしてぜひ単価交渉にチャレンジしてみましょう。

 

(経験則ですが、条件の悪いクライアントとの縁が切れると不思議ともっと良い条件のクライアントと縁がつながったりします。余白ができる分、新しい案件を受けられるのは見方を変えればメリットです)

 

視野を広げ自主的に勉強していく

 

ただ目の前の案件をこなしているだけでもお小遣い程度なら稼ぐことができます。ただ、複業として収入源の一つとしたいなら、ただ作業をこなすだけでは不足です。

 

クライアントがなぜその記事を依頼しているのか考えるようにしましょう。クライアントの意図を理解してライティングを進めていると単価交渉の際にもより深い話ができ、スムーズに話を進めやすくなります。加えて、自主的に勉強をしていくことが大事です。SEOやHTML/CSSの知識が身につくと、文字単価2円以上の世界が見えてきます。現代ではライター関連の良質な情報を公表している方が増えているので、参考になりますよ。

 

初心者向けではないですが、ライターとしてスキルアップしたいと思ったら、名もなきライター(S.Watanabe)🍤 (@writer_noname) | Twitter さんのWebマガジンなどがおすすめです。


ライターは楽ではない

 

はっきり言いますが、ライター業は楽ではないです。

簡単に始められる上に誰でもステップアップできるメリットはあります。しかし継続的に案件を受注して能力を高めていくとなると自主的に勉強したら戦略を考える必要があります。複業ライターの場合は、時間や労力が思うようにさけず苦しい思いをすることもあるでしょう。

 

でも、ライティングは頑張ったら頑張っただけ報われる可能性があります。自分の努力次第でいくらでも能力や売り上げを高めていくことができます。学歴も職歴も生活環境も性別も関係ありません。これだけ希望がある職業はそうそうないと思います。

 

「自分で稼げる力が欲しい」

「本業もしつつ複業(副業)にチャレンジしてみたい」

「将来稼げる仕事を探している」

 

現状に不満がある人やもっとステップアップしたいと考えている人には複業ライティングがおすすめです。複業でも月収10万円を越えるとグッといきやすくなります。迷っている方はぜひチャレンジしてみてくださいね。いつでも始めることができますよ。


個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日