ライターなら知っておきたい!良質なコンテンツの3原則!

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181128094704j:plain

とにかくたくさん記事を書けばOKと言われた時代は終わりました。

インターネットが発達し、Web上に多くのコンテンツが溢れている昨今は、量より質が重視されています。

良質なコンテンツとはどのようなものなのか?

今回は、ライターなら知っておきた「良質なコンテンツの3原則」に関してご紹介します。

 

 

良質なコンテンツの3原則

Appleなどで活躍したWebライターであるニコルとケイトは、良質なコンテンツの原則は以下の3つであると紹介しています。

 

  • Clear(クリア):わかりやすい
  • Useful(ユースフル):役に立つこと
  • Frendly(フレンドリー):フレンドリーであること

『伝わるWebライティング』ニコル・フェントン、ケイト・キーファー・リー共著

 

一見、当たり前のことのように感じるかもしれませんが、この原則は普遍的です。

ライターに限らず、コンテンツを生み出す人は、繰り返しこの原則に立ち返ることがおすすめです。

 

でも、原則だけ聞いてもよくわからない印象がありますよね。

それぞれに関して詳しく解説してみました。

 

Clear(クリア)とはシンプルな文章

現代人は忙しいです。

加えてWeb上には今やコンテンツが溢れかえっています。

時間がない中で読んでもらうためには、シンプルな文が一番効果的です。

言いたいことは速やかに伝えましょう。

できるだけ少ない言葉で伝えることも大切です。

 

長く書くことよりも短い言葉でシンプルに書くことの方が難しいです。

意識的にシンプルな文を心がけることでライティング能力を高めることができます。

 

Useful(ユースフル)とはテーマに沿った文章

特にWebコンテンツの場合、多くの人は検索から記事(コンテンツ)にたどり着きます。

読者が無意識下で感じている不満・疑問・興味などを解消する文章は、役に立つ文章であると認識される可能性が高いです。

 

記事を書くからには、何かしらテーマを掲げていますよね。

例えばこの記事であれば「良質なコンテンツの3原則」がテーマです。

テーマに沿った文章を一貫性を持って書いています。

役に立つ文章が書きたいならテーマに沿った文章を心がけましょう。

1記事は1テーマに絞ることがおすすめです。

 

Frendly(フレンドリー)とは読者を意識した文章

コンテンツを読むのは血の通った人間です。

各コンテンツにふさわしい言葉選び・文体・雰囲気づくりを行いましょう。

1人の読者に語りかけるような文章に仕上げることで、コンテンツの良さを的確に読者に伝えることができます。

 

なお、フレンドリーといっても馴れ馴れしい文章はおすすめとは言えません。

コンテンツを介して接する読者はいわば初対面の他人です。

適度な距離感を保って文章を作成することを推奨します。

 

まとめ

良質なコンテンツの3原則は古びることのない普遍的な真理です。

なんども立ち返って、コンテンツの質を高めていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日