書きたいのに書けない!?書くことを習慣化するポイント

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181021143256j:plain

ライターとして記事作成をすること以外にも、書く活動は豊富です。

個人のブログを書く、日記をつける、創作してみるなどなど。

でも、意外と「書くことが続かない・・・」と悩んでしまう方は多い・・・。

 

そこで今回は、書くことを習慣化するポイントをご紹介します。

個人が気軽に書くことを楽しみたい時、ブログ記事を高頻度で更新したい時など参考にしてみてくださいね。

 

いきなり長文を目指さない!

 

極端な話、日本語で文章を書くことは誰でもできます。

そのため、文章を書くということと聞くと「そんなの簡単だよ!」と、いきなり長文でクオリティの高い文章を目指してしまう人は多いです。

 

しかし、これまで文章を書く習慣がない人が、いきなり長文を目指すのは至難の技と言えます。

 

いうなれば、サッカー経験が少ない人にいきなり試合に出ろと言っているようなもの。

これでは、楽しめるものも楽しめません。

 

書くことを習慣化したいなら、まずは「書く」という行為に慣れることからはじめることがおすすめです。

 

書くことを習慣化する具体的な手順

 

①毎朝100文字程度の文章を書いてみる

 

いきなり長文ではなく、簡単にできることから始めて徐々に脳を慣らしていきましょう。

 

具体的には、100文字程度の文章を毎朝書くだけでOK。

クオリティを気にする必要もないので5分程度でサクッと終わります。

 

ただし、必ず毎朝行うことがポイントです。

朝は一番やる気に満ちている時間なので、新しい行動を始めるなら朝がおすすめです。

慣れてくると歯磨きのように毎日行うことが当たり前になります。

 

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの最新の研究によれば、新しい習慣が定着するには平均66日間が必要と判明したそうです。

66日と聞くと大変ですが、100文字程度の日記ならそれほど抵抗感はないと思います。

またこの習慣を定着化することを目指さなくても良いので、3週間くらい続けたら十分です。

 

②1回だけ1000文字の文章を書いてみる

 

書くことへの抵抗感が少なくなったら、少しだけ長文にチャレンジしてみましょう。

1回だけでよいので1000文字の文章を書くことがおすすめです。

 

この頃になると、以前は苦痛だった1000文字の文章を意外と苦もなく書けるようになっていることに気づきます。

 

「書ける」という小さな成功を体験することで、「どんどん書きたい」という欲求に火がつきやすくなりますよ。

 

③書きやすい文章を書く

 

「書きたい」という気持ちが芽生えたら書きやすい内容の文書を書くことから始めてみましょう。

ここまで来て初めてクオリティを気にするようになります。

ただし、いきなり高クオリティを求めなくて大丈夫です。

 

まずは気軽に書けるテーマで好きなことを書いてみると良いでしょう。

 

書いていくうちに、だんだん自分が深掘りしたいテーマが見つかります。

 

この頃には、書くことが習慣化しているので、自然と長文を書けるようになりますよ。

 

まとめ

 

日本語で書くことは誰でもできるからこそ、いきなり高いクオリティを目指して頓挫してしまう人は多いです。

大事なのは、抵抗感を少なく始めること。

簡単にできることから徐々に初めてステップアップしていきましょう。

「書く」って楽しいですよ。

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日