誰でも簡単に読書感想文を簡単に書く方法

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181021142114j:plain

夏休みの宿題の定番・読書感想文。

正直な話、書くことが得意でないと苦痛でしかないのではないでしょうか。

そこで今回は、読書感想文でほぼ毎年賞をもらっていた物書きが、誰でも簡単に読書感想文を書く方法をご紹介します。

 

読書感想文ではなく説明文

 

読書した感想と聞くと、「面白かった」「つまらなかった」「楽しかった」程度の一言で済ませられてしまうことは多いですよね。

感想なら、本来それだけで十分です。

しかし、読書感想文では長文の文章が求められます。

 

「感想文」という名前に誤解があるのです。

読書感想文は、本当は「説明文」もっといえば「論文」と考えた方が良いです。

 

読書感想文は、「この作品を良いと思った。それはなぜ?」ということを説明するための文章を求めています。

 

感想ではなく説明文を求められていることをまず理解しておきましょう。

 

読書感想文を簡単に書くコツ

 

この方法は、読書感想文が苦手な妹に試しても有効だったので、誰でも効果がありますよ。

 

①対象の本を読んだら、気になった箇所を3つピックアップする

 

気になるとは、どんなことでも良いです。

「印象に残った」「面白かった」「怖かった」など、なんでも良いので読んで自分が気になった部分を3つ選びましょう。付箋を貼ったり、メモを挟んでおくとわかりやすいですよ。

 

②3つの部分の「なぜ」を掘り下げる

 

ピックアップした部分を、それぞれ「なぜ」気になったのか掘り下げて言葉にします。

難しく考える必要はありません。

 

例えば「印象に残った→(なぜ)→主人公がピンチになってハラハラしたから」など、簡単で良いのでなぜ気になったのかを言葉にします。

「なぜ」を繰り返して掘り下げると、どんどん文章がたまってきます。

 

例:「印象に残った→(なぜ)→主人公がピンチになってハラハラしたから→(なぜ)→自分は主人公を応援していたのでピンチを切り抜けて欲しかった→(なぜ)→主人公がいいやつだと思ったから→(なぜ)→冒険にチャレンジしているしカッコいいからいいやつだと思った」など

 

③型に当てはめて書く

 

3つのなぜがそろったら、型に当てはめて書くだけです。

 

読書感想文は次の通りに書くと書きやすいです。

 

導入:なぜこの本を選んだか

結論:本を読んでどのように思ったか(面白かった、楽しかったなど簡単で良い)。

3点の説明:特に印象に残った部分は3つです。ご紹介します。(ここで3つの気になる部分とその理由を述べる)

再び結論:この本は〇〇(面白い・楽しいetc)です。(読むのオススメです。などでもOK)

 

まとめ

 

読書感想文は本来形が決まっていないものです。

自由に書いて良いというメリットがあります。

 

こちらで紹介した方法はあくまで読書感想文で困っている人用です。

他の方法で書きたいという方は、もちろん自分が良いと思った書き方で書いてOK。

困っている人の参考になれば嬉しいです。

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日