読者は基本的に文章を読まない!読まれるための3つの工夫

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181009222710j:plain

「こんなに書いたのだから読者も読んでくれるだろう」と思っていると、PVがあまり伸びないということもありますよね。スバリ、読者は基本的に文章を読みません。今回は、読まれる文章を作成するための3つの工夫についてお伝えします。

 

読者は基本的に文章を読まない

 

書き手にとっては悲しい事実かもしれませんが、読者は基本的に文章を読みません。一昔前と異なり、ネット上にたくさんの文章があふれている昨今。読者は「読む」か「読まない」かを直感的に判断しています。皆さんも、サラーと流し読みをしただけで読むことをやめてしまった経験があるのではないでしょうか。

 

中身を充実させることはもちろん大事ですが、前提として「読者は文章を読まない」ということを理解しておくことが大切です。読者に内容を届けるためには、読んでもらえる工夫を行う必要があります。

 

読まれる文章作成のための3つの工夫

 

①タイトルで内容がわかるようにする

 

一番最初に読者の目に触れるのはタイトルです。タイトルをみて、読者は読むか読まないかを瞬時に見極めます。どのような内容か想像でき、かつ興味が湧く(読者を文章に誘導する)タイトルを考えましょう。

 

記事作成においてはターゲット層を想定していると思います。ターゲットに響く言葉を考えると、タイトルが思いつきやすいです。

 

タイトルの文字数は25〜30文字程度が理想的と言えます。あまり長いと、タイトルそのものが文章になってしまってしまい、読者の読む気が失せてしまうので注意しましょう。

 

②リード文で読者を掴む

 

リード文も重要です。タイトルで目にとまったあと、読者はリード文を読んで内容まで読むかどうか判断します。

 

リード文を作成するときは100文字程度で記事内容の要点を簡潔にまとめましょう。長く書くよりも短く書くほうが実は難しいです。リード文を最初に思いつくままに文章を書き、その後不必要な箇所を削っていくことで作成する方法をおすすめします。なお、記事がまとまった後、一番最後の作成することは効果的です。

 

③記事の文字数は1000〜2000文字がベスト

 

長い文章ほど筆者の熱量が伝わると思われがち。しかしネットの文章であれば、文字数は1000〜2000文字くらいが理想的です。あまり長すぎると、読者が途中で離れてしまうリスクがあります。このブログ記事も全体で1000文字程度で作成しています。これより長いと飽きると思いませんか?

 

こちらの3つは、実践しやすい方法です。できるものから取り入れてみてくださいね。

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日