他者と比べて焦る時の対処方法

スポンサーリンク

f:id:uajag4y:20181004234433j:plain

最近ではライター業を始める人も増えてきました。中には「1ヶ月で月20万稼ぎました!」「半年で月収100万円になりました!」等、短期間で一気に成果をあげて情報発信する人もいます。人間は比較する生き物です。他者と比べて焦る時もありますよね。今回は、他者と比べて焦ってしまう時の対処法をご紹介します。

 

焦っている自分を認める

「他者と比べなくていい」と言われてもつい比べてしまうのが人間です。考えてみれば当然ですよね。現代の学校教育ではテストによる順位づけが一般化しています。幼い頃から比較をする価値観が知らず知らず染み付いているのです。比較をすることは、自然な反応。「また、人と比較している•••」と否定する必要はありません。

 

他者と比較して焦りを感じたら、まずは焦っている自分を認めてあげましょう。「あ、自分は今、他人と自分を比べて焦っているな」と考えるだけでOKです。その事実に良い悪いの判定をする必要はありません。

 

「焦っている」という事実を認めると、だんだん心が落ち着いてきます。むしろ「比較するな」「焦るな」と言い聞かせようとするほど心がざわつくので、注意しましょう。ただ、事実を認めるだけで大丈夫です。幽霊の正体見たり枯れ尾花。事実をありのまま認めれば、余計なことを考えなくて済むので、気持ちの整理がつきます。

 

あなたはあなたのペースで良い

気持ちが落ち着いたら、無理のない範囲でコツコツ書いていきましょう。人それぞれ自分に合ったペースがあります。ライティングは競争ではありません。あなたはあなたのペースで続ければ良いのです。

 

短期間で一気に成果を上げる方法はありますが、正直ガリガリ書く必要があるので自分に相当な負荷がかかります。短期間で成果を上げる人は、「稼ぐ」ことに並々ならぬ執念を燃やしていることが多いです。誰しもが真似できるとは限りません。

 

ライターにも様々な人がいます。お金は大事ですが必ずしも稼ぐことに固執しなくても大丈夫。自分なりのペースで続けることで楽しみながらライターを続ける道もあります。どれを選ぶかは自分次第です。

 

根本的に書くことが好きでないと続かない

 

不思議なもので、短期間で一気にライターとしての成果をあげても、いつのまにか消えてしまう人も多いです。「稼げることはわかったけれどライティングは辛いからやめた」という人もいます。

 

ライターは根本的に書くことが好きでないと続かない職業でしょう。コツコツ続けていたらいつのまにか実績が積み重なって、自然と報酬があがることもあります。必ずしもライターのみで生計を立てる必要はありません。自分なりのライターのあり方を見つけられるように今日も書いていくと良いでしょう。地道に活動している人ほど、長く続きますよー。

 

 

 

 

自分らしいペースで良い

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日