3万円ライターのススメ

スポンサーリンク

一口にライターと言っても、月収には幅があります。

初心者向けでよく見かけるのが、月収10万円を一つの目標にしている提案です。

確かに、月10万円あれば最低限の生活を送ることはできなくありませんので、目標とするのも良いでしょう。

ただし、月10万円は初心者が目指すには少々ハードルが高い側面もあります。

 

もっと気楽に稼いでみたい、まずはライターとしての経験を積みたいと思っている方には「月3万円ライター」を目指してみることがオススメです。

 

3万円ライターとは?

 

文字通り、ライターとして月3万円を稼げるライターのことです。

 

3万円というのは、ライター1本で生活したい場合は心もとないですが、副業として月に3万円のプラスがあるならと考えるなら、目指してみる価値がある金額だと思います。

 

ライターを目指している人の中には、家事や育児が忙しかったり、他に本業を持っていたり、体調が不安定だったり、色々な事情がある人も少なくありません。

“いっぱり稼ぐ”ことを目標にしてしまうと、無理をしすぎてパンクしてしまうこともあります。

 

管理人はライターになりたての頃、うつで体調を崩していて外にでることはおろかパソコンの前に長時間座っていることも出来ない状態だったので、月収10万円稼ぐことは途方もないことのように感じていました^^;

 

収入は多ければ多いほど理想的ですが、大きく稼ぐにはそれなりの作業量が必要です。

 

ライターとして何が何でも独立する!という気概がある人ならともかく、もう少し気楽に稼ぎたいなら、まずは月収3万円を目指してみてはいかがでしょうか?

 

3万円ライターのメリットデメリット

メリットとデメリットを見てみましょう。

 

メリット

・単価が低い初心者ライターでも目指しやすい

・経験が不足していても到達しやいので「ライターとして稼げる」という自信に繋がる

・ライターだけでなく他の仕事と組み合わせることで安定化しやすい

(例えば、パートで月3万+ハンドメイド作品を販売して月3万+ライターで月3万、という組み合わせなら、月9万円を稼ぐことができる。もしライターで仕事がなくても他でリカバーすることができる)

 

デメリット

・ライターだけで食べていくなら月3万円では厳しい

 

3万円ライターを足がかりにする方法もアリ

 

実際にライターの仕事で月3万円稼ぐことは最初は決して楽ではありません。

ただし月3万円稼げる力がつく頃には、自分の作業時間の目安や、クライアントとのやり取りの仕方、得意ジャンルと苦手なジャンルなどがわかるようになり、確実にライターとしての実力がアップしています。

 

もし、もっとライターの仕事を頑張ってみたいと思ったら、今度は月収10万円、20万、50万など、もっと上を目指していけば良いのです。

 

より向上心がある人は、3万円ライターを通過点としてステップアップしていくことも効果的でしょう。

3万円稼げるようになっている頃には、月10万円が現実的な数字に思えるようになっています。

 

まとめ

 

管理人はライターの仕事が好きですし、在宅でできるので副業としてもオススメの選択肢だと思います。

初心者ライターの方は、まずは手堅く3万円ライターを目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日