初心者ライターに大切な3つの心構えポイント

スポンサーリンク

Webライターを始めてみようかな、と思っている初心者ライターさんも多いのではないでしょうか。

 

今回は、初心者ライターに大切な3つの心構えポイントをまとめてご紹介します。

 

ポイント①習うより慣れろ!?一歩踏み出す勇気を持つ

 

Webライターを始める上で一番大切なのは実践です。

 

とは言っても、最初は不安もあるでしょう。

 

「本当に自分の書いた文章がお金になるのかな?」

「クライアントさんに怒られたらどうしよう・・・」

「やっぱり最初は学校に行って、専門知識付けないとかな・・・」

 

などなど、実際に仕事として請け負ってお金を貰うことを怖がってしまう人も多いです。

 

でも大丈夫。今Webライターとして現役でバリバリ働いている先輩方も、最初はやっぱり怖かったのです(管理人はメッチャ怖かったです・・・^^;)。

 

大切なのは、その不安や恐怖を乗り越えて一歩踏み出すこと!

 

稼いだ額0円で勉強しているだけの人よりも、

稼いだ額が1円でも仕事を請け負っている人の方が、得るものは大きいです。

 

実際に、自分の文章がお金になるという実感を持つことは、初心者Webライターにとって何より重要なポイントとなります。

 

最初は単価が低くても良いので、仕事を請け負ってみましょう。

仕事をしていれば、必然的に学ぶことも増えていきます。

 

実践していることによって知識が身につきやすいですし、学んでいる期間もWebライターとしての活動期間とみなされるメリットがあるのです。

 

例えば1年学校に行って学んでいるけれどライター歴は0年の人と、単価は低くてもライター歴1年の人では、クライアントからしたら後者の方が初見で「依頼してみたい」と考えやすいと言えます。

 

まずは実践あるのみです。

 

ポイント②丁寧にやりとりする

 

仕事のやりとりは丁寧に行うことを基本としましょう。

 

Webライターの仕事は、ずっと途切れなく続くとは限りません。

ただ、仕事が途切れた時に、昔仕事を請け負っていたクライアント様に連絡を取って仕事を回してもらったり、あるいは、むこうから声をかけてもらえることもあります。

 

将来のことを見据えた上でも、丁寧にやり取りをすることがポイントです。

 

ポイント③当たり前を当たり前に行う

 

実際にWebライターの仕事をしているとわかりますが、意外と当たり前のことが当たり前にできていない人もいます。

 

例えば、締切を守る、誤字脱字チェックをする、返信を欠かさないなど、普通に仕事をしていれば「当たり前でしょ」と思うようなことが、在宅ワークの気の緩みゆえか疎かになってしまう人もいるので気をつけましょう。

 

逆に考えると、当たり前のことを当たり前にするだけで、信頼が集まりやすくなります。

 

まとめ

 

Webライターを仕事にしたいなら、まずはとにかく実践してみましょう。

 

仕事をしながら見えてくることは多いですよ^^

 

 

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日