体調不良時は、絶対に治ると信じること

f:id:uajag4y:20180124100716j:plain

 

2017年10月頃から、体調を崩していました。

最近やっと回復しています^^

良かったことと言えば、自分を見つめ直す良いキッカケになったことです。

思ったことをまとめて書いてみます。

 

キッカケは原因不明の手の痛み

昨年10月。

ちょうど仕事が一気に増えて忙しかったこともあり、体調を崩してしまいました。

 

最初は「まぁ、そのうち治るだろう」と放っておいたのですが、これが良くなかったです・・・。

治るどころか悪化してしまい、仕事にも差し障るようになりました。

 

一番辛かったのは原因不明の手の痛み・しびれ。

とにかく治したくて色々なところに行きました。

膠原病外来、リュウマチ科、整形外科、整体・・・。

けれど、どこも治すことができず原因もよくわからない。

最終的にたどり着いたのが鍼でした。

 

管理人は以前マッサージ系の仕事をしていたことがあるので、整体とかマッサージ関連のお店には数多く行った経験があります。

でも、鍼だけはどうしても行けなかったです。

 

鍼って、怖くありませんか?

管理人はどうしても怖気づいてしまい、選択肢から外していました。

 

しかし、症状が治まらない。

時に、泣きたくなるほど痛くて痛くて、ベットから起き上がれない。

しかも、仕事の締切は刻々と近づいてくる。

体調が悪いと、どんどん悪いことを考えてしまいがちです。

経済的な不安や、将来的な不安・・・起きているとマイナスな事を考えがちなのですが、寝ると痛みで2~3時間起きに目が覚める。

 

もうこうなったら仕方ないと、藁にもすがる思いで鍼の先生を探しました。

 

凄腕の先生が治すのではなく体の自己回復力を高める

 

インターネットが会って良かったです。

怖かったので、色々な情報サイトを比べてみて、信頼できそうな先生のところに行きました。

 

正直1回目は、少し楽になったかなという程度。

でも、施術している時の方法に、とても安心感を覚えました。

 

「大丈夫。治るよ」

 

先生につらい症状を話すと、全部聞いた後で、穏やかにそう言ってくれました。

気休めとか、社交辞令とか、そのような雰囲気ではなく、本当に心の底からそう思っていることが伝わる言葉に、すごく気が楽になったことを覚えています。

 

先生は、基本的に明るくて、色々な体の話をしてくれました。

その中でも特に印象的だったのは、「僕が悪いところを治しているわけではないよ。鍼を使って、体の自己回復力を高めているだけ。〇〇さんは、絶対治るから、大丈夫」とい言葉です。

 

話していると気が楽になる人っていますよね。

管理人は言葉を使う仕事をしていますが、コミュニケーションは、言葉以外の要素でも成り立っていると思います。

例えば、何か新規プロジェクトを行う時、「成功する」と信じている人と一緒に仕事をすると活力が湧きますが、「失敗するのではないだろうか」と弱気になっている人と居ると気持ちが萎えてしまうことがあるでしょう。

管理人にとって鍼の先生の、「絶対治る」オーラは、鍼治療以上に力になりました。

 

先生と出会ってから2ヶ月。

あれほど辛かった手の痛みが、目に見えて回復しています。

 

一度体を壊すと、日々の何気ない健康のありがたみが身にしみますね。

ぐっすり眠れる、朝起きても体が痛くない、ご飯がおいしい、食べたものがスムーズに出る、体が動く、日常動作で痛みがない。どれもこれもお金で買えないくらい素晴らしいです。

 

もちろん、病気や怪我を抱えててい、今まさに治療をしながら生きている方も本当にスゴイと思います。

 

生きている、ただそれだけで、100点満点です!

スゴイ、エライ、健康だったら尚良し!

 

体調不良時は、絶対に治ると信じること

 

ココ数ヶ月は、手以外にも「厄年か・・・」という位、色々な不調症状が出て、仕事をするか休むか以外のことはほとんど出来ていませんでした。

ある程度回復した今となっては、日常生きられるだけで、幸せを感じます。

感謝って、大切ですけど、意外と忘れがちですからね。

健康になったらやりたいことが新しく出来たので、徐々に進めていきますが、日常を健康に生きていられることに日々感謝していきたいです。

 

様々な治療法などを経験した中で、管理人が一番約だったと思う方法は、「体調不良時は、絶対に治ると信じること」です。

 

お医者さんも、民間の治療院の先生も、万能というわけではありません。

回復するのは、自分の体そのものです。

人間の体って不思議ですよね。

生きるってすごく複雑で、どんなに高性能な機械を使っても1人の人間と同じだけの機能を小さな体の中に全て詰め込むことはできません。

それくらい、他に類を見ないほど優秀な存在です。

 

管理人は医者ではないので、あくまで個人的な意見として考えていただければと思いますが、最初は気休めでも良いと思います。

「大丈夫。治るよ」

と声に出していってあげるだけでも、ほんの少し回復に向かいます。

これで不快な症状が全て良くなるとは言えませんが、この考え方が効く不調も少なくないです。

 

痛みが出るまで行くと、相当ダメージが蓄積しています。

回復にも時間がかかるでしょう。

なので、焦らないこともポイントです。

 

今は人生100年時代ですから。

ほんの少し休んでもバチは当たらないです。

仕事をしながらですと、なかなか100%休むとまでは行きませんが、出来る限りで休めてあげると回復に繋がりやすいと思います。

 

体調不調で悩まされているさなか、インターネットの体験記などの情報に励まされたこともありました。

玉石混交と言われるネットの世界ですが、何気ない発信が、困っている人にものすごく役立つこともあります。

真偽を確かめつつ、活かすのは有効です。

本当は完全に回復してから書こうと思ったのですが、今日はとても調子が良かったので、備忘録として書いておきます。

もっとまとめた記事はいずれ書くか、この記事を書き直しするかもしれません。

 

ゆっくり休みつつ、マイペースでこのブログも運用していきますね。

 

 

 

 

 

個人情報の保護について

「yu-rasia.hatenablog.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2018年3月22日