読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶應通信卒業の為のブログ

通信大学生活(卒業の為)の備忘録とたまに雑記。

学費納入。新年度スタート。

新しい学生証が届きました。

今年頑張ります。

 

ネットを見ていて悲しくなるのが

気軽に悪口言っているコメントが多いこと。

批判は簡単だけど

言われた人のことを考えると

どうしてそんなひどい言葉を

簡単に書いて公表しているのか、疑問です。

 

批判ではなく

縁があって関わった人が少しでも

幸せになるようにしたい。

 

つまり子どもがのびのびと安心して

生きられる社会のような。

 

少しでもその社会の実現に近づける人で

あれるように

勉強したいという気持ちもあるのです。

 

大学でないところでも日々学びなのですが

要は大学はわかりやすいレッテルなので。色々と。

学費納入予定。休学期間はないものとする

3月。それは慶應通信在学生(4月入学)が、学費納入する月。

 

私も学費を貯めることができました。

色々ありすぎて休学していましたが、再開します。

 

現在提出したレポートはまだ0(ゼロ)。

入学してから、激務・体調不良(鬱)・転職・フリーなど、色々色々ありすぎましたが、やっと自分の勉強を始められます。

 

その間、休学を認めてくれた大学側に感謝です。

死に物狂いで貯めた学費を振込み、4月から学生生活スタートです。

まず1つレポートを提出するところから始めます。

 

正直、ごちゃごちゃして休学期間(4年間)が残っているのか不明です。

でもたぶんもうないです。なので、これを最後に、取り組みます。

目標は4年で卒業(東京オリンピックの年2020年に卒業する)

タイトルのとおりです。

 

色々比較したのですが、私はあまりお金にも余裕が現段階ではまだないので、4年で卒業を目指します。たくさん学べるのは楽しみ。

 

これは自分で自分に忘れない為のメモ帳です。

過去の自分が決めたことを、未来の自分は応えてくれるか。

あぁ、楽しみ。

 

目標できたし、4年は充実して生きたいねぇ。

いかにして慶応通信を卒業するか

インターネットをわけもなく徘徊していてい気づいたけれど、通信に対してネガテイブなことが多い。でも、本当にそこで学んだ人の話が案外少ない。

 

通信大学で学ぶ人の背景は様々。

特に慶應通信とかって、年齢層が高いから、あんまり気軽にブログとかしないのかもね。

 

私が知りたいのは、いかにして卒業するか、それだけ。

だからこのブログではいかにして卒業するかと観点に書いていきたい。

まぁ、やらなきゃゼロさ。やってなんぼ。

とにかくやる。まずはここからだよね。

 

いろんな通信あるけど、もっと堂々としていいんじゃないかなと思う。

教科書だって本物だしさ。まだ、私が何か言えた義理でもないかもだけど。

私は働いているし、自分で稼いだお金で大学入ったのは誇りに思う。私の周りの人も中卒から東大卒までいろんな人に会ってきたけど、みなそれぞれ面白いし、人間的価値は一様に素晴らしかった。それぞれいいところとわるいところがあって、付き合っていく中でそれぞれ学びがあった。だから、あんま学歴って関係ないなって思った。私も今一応好きな仕事で生きていけてるし。奨学金とかでキューキューしちゃうより、さっさと社会出て稼ぐ力身につけて自由に勉強するのでいいと思うけど。生き方は千差万別で、そのどれも正しいのだろう。だから、自分がどの見方を選択するか、だ。そろそろ学歴神話から開放されてもいいと思うけど。まぁ、個人の日記だし好き勝手書くよね。

まずはレポート書こう。

どうせなら制約決める

 ぐだぐだ続けても意味ないし、制約決める。

2017年に1つもレポート出さなかったり、1つも合格しなかったら、2018年からは放送大学に行く。私の場合、別に就職に大卒使いたいわけではないし、実は40代・もしくは30代のうちに行きたい大学院があるからそれに使いたいだけ。

 

今は働かないといけないし、もっと稼ぐ力を身に着けないといけないから、どうしても大学卒業の優先順位は下がる(まぁ、ストイックにできなくてよく遊んでいるけどさ、改善するけど)。でも、卒業したい。教養を深めたい。だから、やる。

 

とりあえず2017年に1歩でも進むことを考える。

世間の評価ってのは遅れてついてくるものだし、水物だから気にしない。

やる。

通信大学生活備忘録スタート

慶應義塾大学の通信に入って早数年。

諸事情でほぼ休学期間だったが、

今年こそ本気で大学生に戻ろうと思う。

 

私は通信大学生だ。

だが、自分ひとりだけだと、ついつい何もやらずに終わってしまう。

だからこうして備忘録をつけることで

発破をかけることにする。

 

今年から入学したようなもの。

まずは、1つレポートを提出完成させることから始めよう。

目標は月に1本。

気ままにファイト。