「閑な読書人」に共感する今日このごろ

f:id:uajag4y:20180108111401j:plain

 

エッセイが好きだ。

 

時々、無性にエッセイが読みたくなって、本棚を漁ってみたり、本屋に足を運んだりする。

 

この本と出会った時も、心の奥底でエッセイへの渇望のようなものがあったのかもしれない。

 

たまたま出かけた先で時間が余ってしまい、存在は知っていたけれど入ったことがなかった本屋へと足を運んだ。

 

まず、表紙が良かった。

 

やる気があるのだか、ないのだか、判然としない猫の絵が書かれた灰色の本。

 

古本屋の日に焼かれた本棚の中にひっそりとあるような佇まいで、しかし新刊のコーナーにぽつんと置かれていた。

 

荻原魚雷、知らないなぁ・・・)

 

世の中の作家なんて、知らない人がほとんどなのだが、でもなんとなく作者名にも惹かれる。

かっこいいようなそうでもないような、そんなネーミングセンスが面白い。

 

極めつけは帯に書かれた文句だ。

 

「ずっと隠居にあこがれていた。

 できることなら浮世離れした人間になりたかったー

 本の本であり、ニートのための本であり、

 そして昭和の文人魂も味わえる、珠玉のエッセイ集」

 

パラパラと中を読んで、ほぼ即決で購入した。

金欠だったのに、ね。

 

「閑な読書人」は、フリーライターとしてと細々と生計を立てつつ、好きな時に寝て好きなだけ本を読んで、たまには友人と飲みに行く、著者のエッセイ集だ。

 

肩肘張らない、一見なんでもないように書いているように見える味のある文章が好みである。

 

一応私も、フリーライターとして生きているのだが、時代が違うので、活躍する媒体は大いに異なる。

 

こういう生き方したいな。と素直に思った。

 

昨今は、SNSが発達していて、フリーライターの中にも、月収やら年収やらをおおっぴらに公開し、とても頑張って活躍している方々の発信が目に触れることもあるのだが、バリバリ活動している方の言葉は、時に疲れる。

 

のんびりと自分のペースで、でも底にほのぐらい不安も見えつつ、それでもなんとか日々を生き抜いて些細な幸せを噛みしめる。そんな生き方があってもよいのではないかと思う。

 

「三十代までは仕事を中心に一日を組み立てていた。今は散歩と睡眠を優先する。

 健康だとお金がかからない。メシと酒がうまい。そんな単純な事実にきづくのに、ずいぶん時間がかかった。」

 

激動する社会に疲れた時、折に触れて読み返したい本である。

 

読んだ瞬間から効果がある!Webライターにおすすめの本3選

f:id:uajag4y:20180106104154j:plain

 

Webライターとして活動しようとした時

何をすれば良いのかよくわからない

という方は多いと思います。

 

なぜなら一口にWebライターと言っても

さまざまなやり方があり

どれかが正解で

どれかが間違い

というわけではないからです。

 

そこで今回は

Webライターとして

右も左もわからない状態から

安定した収入を得られるようになった管理人が

何十冊ものライター関係の本を

購入した経験から

実際に「使える」本だけを

厳選して3冊ご紹介します。

 

Webライターの仕事のコツがわかる本から

読んでおいたほうが良い古典まで

バッチリ押さえることができますよ。

 

 

Webライターの本は少ない?

 

Webライターとして活動すると

まずぶつかるのが

「基本がわからない」という問題です。

 

ライター関連の本は見つかっても

いまいちピンと来ない・・・

 

「Webで活動するライターの為の本はないの?」

管理人自身、

何回も疑問に思ったものでした。

実はWebライターは新しい職業

検索エンジン

誕生したのは1990年。

 

今や世界を圧感しているGoogle

設立されたのは1998年のことです。

 

わずか30年足らずで

インターネットが進化し

数多くのWebコンテンツが

作られるようになりました。

 

Webライターという職業が誕生したのも

意外と最近のことです。

 

その為、

紙媒体などで活動する

従来のライターの本は多くとも

「Webライターの本」は

まだまだ数が少ないと言えます。

 

Webに活かせる本を読むことが肝心

もちろん、

従来のライターの方のノウハウが

活かせることは大いにあります。

しかし、

「似てるけどちょっと違うんだよな・・・」

と感じることは少ないです。

 

Webを中心に活動したいなら

Webで活かせるノウハウを持った本を

勉強することが肝心と言えます。

 

読んだ瞬間から活かせるという観点から

選びぬいたオススメの本を

見ていきましょう。

 

オススメ①「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」

 

一番にオススメしたいのが

「頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書」です。

 

頼もしいタイトルですよね!

 

実際内容も充実しており

Webライターとして

仕事を行う上での基礎から

レベルアップする為の方法まで

要点を押さえて紹介されています。

 

現役Webライターの方が書かれているだけあって

実例も豊富です。

 

 提案分参考にしたら

プロジェクトの承認率上がりました。

 

Webライター初心者の方にもオススメしたい本です。 

 

 

オススメ②沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

 

コチラの本ではWebライター必須の

SEOに強いライティングのノウハウを

学ぶことができます。

 

対話形式でストーリー性がある構成なので

難しい内容も頭に入ってきやすいです。

 

Webコンテンツを作っているクライアントの方は

SEO対策を念頭に置いています。

 

記事を作成する側がSEOに無知ですと

それだけで選ばれる可能性が低くなりますが

一方でSEOのしっかりした知識がある場合は

評価が高まります。

 

クライアント様に価値ある記事を

納品するためにも

何度も読み返して

頭に叩き込むことをオススメします。

 

AmazonKindle版なら

定価2,160円のところ

972円で購入することができますよ。

 

 

 オススメ③ファスト&スロー 上/下

 

「沈黙のWebライティング」の中でも

紹介されているコチラは

行動経済学の古典です。

 

少しとっつきにくく感じてしまうかもしれませんが

一度は読んでおくことをオススメします。

 

文章を読むのは人間です。

 

『人間がどのように思考するのか

 またどのように行動するのか』

という本質を理解しておくことは

ライティングの質の向上に

大いに役に立ちます。

 

ライティングスキルを

底上げしたいと考えている方は

まずは上巻だけでもいいので

読んでみると良いでしょう。

 

 

 まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回ご紹介した本は

実際に管理人が読んでみて

即効性の効果があると

実感した3冊です。

 

これまで何十冊と読んだ本の中には中には残念ながら

1回読んだだけで売ってしまったものもありますが

この3冊は手元に置いて

折に触れて読み返しています。

 

Webライターとして頑張っていきたいと

思っている全ての方に

オススメです。

 

まずは気になった1冊だけでもよいので

試してみてくださいね。

思い切って療養しています

最近少々立て込んで仕事をしていたところ、手を痛めてしまいました。

 

だましだまし仕事をしつつ、整体に行ったり整形外科に行ったり、はたまた膠原病外来で血液検査をしてみたりと色々まわっていたのですが、今のところ原因がはっきりしません。

 

最終的に今は鍼に通っています。

今回始めて鍼に行ったのですが、行ってみると面白いですね。

先生の話が面白くて、何より「大丈夫。絶対治るよ」と勇気づけてくれます。

 

体は本来治せる力があって、その力を引き出すお手伝いをしてくれているのが鍼だとか。

 

頑張りすぎて、体に無理をさせてしまったことが不調の原因だと思っています。

 

なので

 

思い切って療養します。

 

頂いたお仕事もあるので完全に休むだけにはできませんが、今月はなるべく無理をせず、頑張りまくった体を休めてあげる予定です。

 

このブログも、来年1月から心機一転更新頑張りますね^^

 

長い人生、時には休息も必要でしょう。

もっとレベルアップするために、しばしのお休みです。

3万円ライターのススメ

一口にライターと言っても、月収には幅があります。

初心者向けでよく見かけるのが、月収10万円を一つの目標にしている提案です。

確かに、月10万円あれば最低限の生活を送ることはできなくありませんので、目標とするのも良いでしょう。

ただし、月10万円は初心者が目指すには少々ハードルが高い側面もあります。

 

もっと気楽に稼いでみたい、まずはライターとしての経験を積みたいと思っている方には「月3万円ライター」を目指してみることがオススメです。

 

3万円ライターとは?

 

文字通り、ライターとして月3万円を稼げるライターのことです。

 

3万円というのは、ライター1本で生活したい場合は心もとないですが、副業として月に3万円のプラスがあるならと考えるなら、目指してみる価値がある金額だと思います。

 

ライターを目指している人の中には、家事や育児が忙しかったり、他に本業を持っていたり、体調が不安定だったり、色々な事情がある人も少なくありません。

“いっぱり稼ぐ”ことを目標にしてしまうと、無理をしすぎてパンクしてしまうこともあります。

 

管理人はライターになりたての頃、うつで体調を崩していて外にでることはおろかパソコンの前に長時間座っていることも出来ない状態だったので、月収10万円稼ぐことは途方もないことのように感じていました^^;

 

収入は多ければ多いほど理想的ですが、大きく稼ぐにはそれなりの作業量が必要です。

 

ライターとして何が何でも独立する!という気概がある人ならともかく、もう少し気楽に稼ぎたいなら、まずは月収3万円を目指してみてはいかがでしょうか?

 

3万円ライターのメリットデメリット

メリットとデメリットを見てみましょう。

 

メリット

・単価が低い初心者ライターでも目指しやすい

・経験が不足していても到達しやいので「ライターとして稼げる」という自信に繋がる

・ライターだけでなく他の仕事と組み合わせることで安定化しやすい

(例えば、パートで月3万+ハンドメイド作品を販売して月3万+ライターで月3万、という組み合わせなら、月9万円を稼ぐことができる。もしライターで仕事がなくても他でリカバーすることができる)

 

デメリット

・ライターだけで食べていくなら月3万円では厳しい

 

3万円ライターを足がかりにする方法もアリ

 

実際にライターの仕事で月3万円稼ぐことは最初は決して楽ではありません。

ただし月3万円稼げる力がつく頃には、自分の作業時間の目安や、クライアントとのやり取りの仕方、得意ジャンルと苦手なジャンルなどがわかるようになり、確実にライターとしての実力がアップしています。

 

もし、もっとライターの仕事を頑張ってみたいと思ったら、今度は月収10万円、20万、50万など、もっと上を目指していけば良いのです。

 

より向上心がある人は、3万円ライターを通過点としてステップアップしていくことも効果的でしょう。

3万円稼げるようになっている頃には、月10万円が現実的な数字に思えるようになっています。

 

まとめ

 

管理人はライターの仕事が好きですし、在宅でできるので副業としてもオススメの選択肢だと思います。

初心者ライターの方は、まずは手堅く3万円ライターを目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

初心者ライターが最低限用意しておいたほうが良いツール3選

初心者ライターとして活動を始めてはみたものの、何が必要なのかよくわからないという方も少なくないでしょう。

管理人も、始めた当初は手探りだったので、何が必要なのかよくわかっていませんでした。

今回は、経験者から見て初心者ライターさんが最低限用意しておいたほうが良いツールを3つご紹介します。

 

初心者ライターが最低限用意しておいたほうが良いツール3選

 

Webライターは、インターネット環境さえあれば、できないことはありません。

ただし、より質の高いライターになりたいなら、初心者の段階から用意しておいたほうが良いツールを5つにまとめてみました。

 

①コピーコンテンツチェックツール

世間を騒がせた「WELQウェルク)」問題が発生し、以前よりますますコピーコンテンツをチェックする目は厳しくなっています。

Webライターと名乗るからには、文章はオリジナルを書くことが当たり前ですが、インターネットで情報収集した際に、気付かず表現が似てしまうこともあります。

コピーコンテンツという疑いをかけられないようにする為にも、納品前にチェックすることが肝心です。

 

以下のサイトは、無料で使えるので、ブックマークなどをしておいて活用することをオススメします。

ccd.supersonico.info

 

②類語類句辞典

初心者ライターにありがちなので、同じような表現を何度も使ってしまうことです。

ある程度は似ていても問題ないかもしれませんが、長くライターとして活動したいなら表現の幅を広げる必要があります。

類語類句辞典は、持っておくと似たような表現を避けることができるますよ。

活動しながら徐々に語彙力などを増やしていくと良いでしょう。

 

③PC

スマホでライターをする人も少なくありません。

もちろんスマホである程度の記事を書くことは可能です。

しかし、量が増えてくるとスマホでは対応しきれないこともあります。

できればPCを持っておくことと良いでしょう。

なお、PCはウイル対策ソフトを入れておくことが大切です。

クライアントの大切な情報を守るためにも、ウイル対策を行っておくことがマナーと言えます。

ノートンhttp://amzn.to/2hJWOLZ)はウイルス対策ソフトとしてオススメできます。

 

まとめ

自分にとって必要な道具や使いやすい道具は、活動していく内に明確化していきます。

まずはこちらで紹介した3つを揃えて、行動してみてはいかがでしょうか。

初心者ライターに大切な3つの心構えポイント

Webライターを始めてみようかな、と思っている初心者ライターさんも多いのではないでしょうか。

 

今回は、初心者ライターに大切な3つの心構えポイントをまとめてご紹介します。

 

ポイント①習うより慣れろ!?一歩踏み出す勇気を持つ

 

Webライターを始める上で一番大切なのは実践です。

 

とは言っても、最初は不安もあるでしょう。

 

「本当に自分の書いた文章がお金になるのかな?」

「クライアントさんに怒られたらどうしよう・・・」

「やっぱり最初は学校に行って、専門知識付けないとかな・・・」

 

などなど、実際に仕事として請け負ってお金を貰うことを怖がってしまう人も多いです。

 

でも大丈夫。今Webライターとして現役でバリバリ働いている先輩方も、最初はやっぱり怖かったのです(管理人はメッチャ怖かったです・・・^^;)。

 

大切なのは、その不安や恐怖を乗り越えて一歩踏み出すこと!

 

稼いだ額0円で勉強しているだけの人よりも、

稼いだ額が1円でも仕事を請け負っている人の方が、得るものは大きいです。

 

実際に、自分の文章がお金になるという実感を持つことは、初心者Webライターにとって何より重要なポイントとなります。

 

最初は単価が低くても良いので、仕事を請け負ってみましょう。

仕事をしていれば、必然的に学ぶことも増えていきます。

 

実践していることによって知識が身につきやすいですし、学んでいる期間もWebライターとしての活動期間とみなされるメリットがあるのです。

 

例えば1年学校に行って学んでいるけれどライター歴は0年の人と、単価は低くてもライター歴1年の人では、クライアントからしたら後者の方が初見で「依頼してみたい」と考えやすいと言えます。

 

まずは実践あるのみです。

 

ポイント②丁寧にやりとりする

 

仕事のやりとりは丁寧に行うことを基本としましょう。

 

Webライターの仕事は、ずっと途切れなく続くとは限りません。

ただ、仕事が途切れた時に、昔仕事を請け負っていたクライアント様に連絡を取って仕事を回してもらったり、あるいは、むこうから声をかけてもらえることもあります。

 

将来のことを見据えた上でも、丁寧にやり取りをすることがポイントです。

 

ポイント③当たり前を当たり前に行う

 

実際にWebライターの仕事をしているとわかりますが、意外と当たり前のことが当たり前にできていない人もいます。

 

例えば、締切を守る、誤字脱字チェックをする、返信を欠かさないなど、普通に仕事をしていれば「当たり前でしょ」と思うようなことが、在宅ワークの気の緩みゆえか疎かになってしまう人もいるので気をつけましょう。

 

逆に考えると、当たり前のことを当たり前にするだけで、信頼が集まりやすくなります。

 

まとめ

 

Webライターを仕事にしたいなら、まずはとにかく実践してみましょう。

 

仕事をしながら見えてくることは多いですよ^^

 

 

 

 

72時間ホンネテレビに見る新しい世界に飛び出すことの大切さ

AbemaTVで元SMAP稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが、11/3~11/5まで、72時間生放送という凄い企画に挑戦されています。

管理人は、普段ほとんどテレビを見ないのですが、この番組だけは見たくて、思わずAbemaTVのアプリをダウンロードしました!

 

結果、予想以上に面白くて、長時間視聴しています^^

 

改めて、芸能界の第一線で活躍してきた方々の底力を感じました。

同時に、人気芸能人という立場におごらず、真摯に頑張ってきたからこそ、たくさんのゲストの方々が、協力してくれているのだなと思います。

 

アスリート、政治家、お笑い芸人、俳優、歌手など、実にたくさんの人が、番組を盛り上げてくれている…!凄いですね!!

 

特に、森且行さんとの、21年ぶり共演は、6時間ほぼぶっ続けで視聴しました。

気まずい雰囲気になることもなく、打ち解けている4人の姿に、それぞれ道が違っても仲間なのだということを再認識した次第です。

 

このAbemaTVの企画は、多くの人にとって始めてが詰まった企画だったことでしょう。

始まる前は、メインの3人にしても不安があったはずです。

ジャニーズという強力な後ろ盾を失い、支えてくれるたくさんの人はいるにしろ、誰も確かなことはわからない・・・。

そんな中新しい環境に飛び込んで、1つ1つを楽しんで歩んでいる。

 

「楽しむ」という姿勢も、インターネットをフル活用する姿も、これからの時代に合っていると思います。

これは、敏腕と謳われた飯島女史の手腕が光っているのではないでしょうか。

 

大きな飛躍を遂げる為には、居心地の良い古巣を飛び出す覚悟が必要です。

見事やり遂げている3人はにエールを送りたい…!

これからも3人の活躍を見守りたいですね^^